初めてデリヘル呼んでみたサイトマップ

自宅にデリヘルを呼ぶ

デリヘルはデリバリーヘルスの略称の通り、ヘルス嬢をデリバリー(配達)してくれるところが最大の特徴です。電話1本で外に出ることなく女の子が家まで来てくれて、エッチで気持ちいいことが出来ちゃいます♪
自宅へ呼べばホテル代が必要ないので、デリヘルのコース料金だけで遊べてリーズナブル!いつも過ごしているプライベートスペースなので、安心感もあるので初めてで緊張して過ぎる人は自宅に呼ぶのもアリだと思います。

交通費が必要になることがあるので、事前にチェックを!

自宅にデリヘルを呼ぶ時には最低限ベッドや布団周りと風呂場の掃除はしておきましょう。不潔な場所でのプレイを嫌がるデリヘル嬢は少なくありません。デリヘル嬢の気分を上げておくとサービスの質にも影響します。

デリヘルでは入浴施設が併設されていない場所へは呼ぶことが出来ません。共同浴場や風呂なしの場合はホテルを利用してください。

ホテルにデリヘルを呼ぶ

最近はデリヘルを呼ぶ時はホテルを使うのが一般的になっています。家族や彼女がいる、個人情報が漏れるのが怖いなどいろいろな理由から自宅へデリヘルを呼べない人でも、ホテルを利用することで気軽にデリヘルを呼べるようになりました。

ホテルは掃除の必要もなくきれいに整えられているので余計な労力が省かれます。水回りも清潔に保たれているのでデリヘル嬢も安心です。

ホテルの利用料金は全額負担が基本です。あまりケチって安いホテルを選ぶと極狭の部屋やシャワーの調子が悪いなどハズレを引く可能性もあります。予算があまりない時は安く使えるホテルを紹介してくれるデリヘルもありますよ♪

デリヘル情報 デリヘル1分間! [ スマホ対応 ]

ラブホテルを使う

ラブホテルは最も多くデリヘルを呼ぶのに利用されています。風俗街の近くにたくさんありますし、値段もお手頃で数時間単位のショートタイムで利用出来るところが魅力的です。

男女別々の入室が禁止されているラブホもありますが、その場合は駐車場や近くのコンビニなどで待ち合わせをして一緒に入室すれば問題ありません。

予約の時にデリヘル店に聞くと近くでデリヘル利用可のラブホを教えてくれます。近くのラブホと提携している場合もあり、割引券をくれることもあります。デリヘルはコース料金やオプション、ホテル代、交通費と何かとお金がかかってしまうので、少しでもお得になるのなら使わない手はありません!積極的に聞いてみて損はなし!

ビジネスホテルを使う

出張先でデリヘルを呼びたい!と思ったことのある人は少なくないはずです。見知らぬ土地で家族や知り合いの目がなくなり、羽を伸ばしたくなるのは当然のことです。

せっかくホテルも取っているのだし、上手く使ってデリヘルを呼びたいものです。しかしビジネスホテルの多くはデリヘル利用を禁止しています。エレベータに乗るにも受付前を通る仕組みになっているので、こっそり部屋に入れるというのも難しいです。
数は少ないですがデリヘルOKのビジネスホテルを選んで予約をするしかないでしょう。直接ビジネスホテルに「デリヘルOKですか?」と聞くのは恥ずかしいので、ホテル近くのデリヘル店に聞くと教えてくれます!

何かトラブルなど起こった時に面倒なことになるので、デリヘル禁止のホテルにこっそり呼ぶのは控えましょう。

シティホテルを使う

ちょっとお高いですがシティホテルはデリヘル嬢にすごく喜ばれます。綺麗でアメニティが充実していますからね♪

シティホテルは宿泊客以外の入室に関しては厳しいので、デリヘルを呼ぶ予定があるのであればツインかダブルの部屋を取る事をお勧めします。昼間にデリヘルを呼べるのであれば昼の数時間だけ使えるショートステイも使えます。

シティホテルは喫茶室やレストラン、バーが併設されているので、食事込みのロングコースでじっくりなどラグジュアリーに楽しむことが出来ます。
お気に入りのデリヘル嬢とのプレイの時など、ここぞ!と言う時や何か特別な日にどうでしょう。

デリヘル1分間

初めてでもわかるデリヘル基本情報

デリヘルを呼ぶ前にデリヘルの基本情報を勉強しましょう!予約の電話から料金の支払い方などデリヘルで遊ぶ為の基礎知識です。

  1. 初めてのデリヘル遊び方
  2. デリヘル嬢について
  3. デリヘル呼ぶのはホテル?自宅?
  4. 地域別デリヘル料金相場
  5. デリヘル以外の風俗料金相場

デリヘルはどうやって選ぶ?

初めてのデリヘルで失敗が怖い…。そんな人の為に安心して使えるデリヘルの選び方を紹介しちゃいます!

  1. 優良デリヘルの選び方
  2. 高級デリヘルが選ばれる理由



携帯アクセス解析