初めてデリヘル呼んでみたサイトマップ

デリヘル嬢が遅刻したら

デリヘルは自宅やホテルに来てくれるのでとても便利ですが、来る途中で渋滞や交通機関の遅延など予測不能な事態で到着が遅れるということも有り得ます。
その他にも来る予定のデリヘル嬢がドタキャンして他の女の子を派遣するのでバタバタとして予定の時間に間に合わないというパターンもあります。
遅刻の理由は様々ですが、1時間以上などかなりの時間遅れてしまうことが事前に分かっていれば店から連絡がありますが、5分や10分程度であれば特別連絡がないことも普通ではあります。

デリヘルでは予約時間ちょうどから開始ではなく、デリヘル嬢が部屋に入り店に電話連絡をした時点からの開始となりますので、少し遅刻したからといってプレイ時間が少なくなるということは基本的にありません
こちらの都合で遅刻した場合は別として、デリヘル嬢の遅刻によって元々予定していたプレイ時間が削られるようであればその店を使うのは考え直した方がいいかもしれませんね。

予定時刻よりも15分〜30分以上経過しても来ない&連絡がないという場合は店に確認の電話を入れてみましょう。店が把握していない遅刻の場合もあります。
最悪なのはデリヘル嬢の勝手な自己判断によるドタキャンです。この場合はいくら待っても来ることはないので、店に連絡して代わりのデリヘル嬢を寄越してもらうか店都合でのキャンセルにしてもらうかと早めの対応が必要です。

無料派遣エリアで呼ぶと遅刻対策になるかも

都市部などデリヘル店が多くある場所では待機場所周辺であれば交通費が無料に設定していることもあります。

デリヘル嬢が遅刻する理由の大半は交通渋滞や公共交通手段の遅延によるものです。
つまりは移動距離が短ければ遅刻する可能性も低くなるということです。大体が交通費が無料に設定してある範囲は待機場所から徒歩圏内であったり移動手段が多くそこまで大幅な遅刻はあり得ないと考えられます。

また万が一デリヘル嬢のドタキャンなどによる遅刻や欠勤が発生したとしても代わりのデリヘル嬢もすぐに派遣してもらえるということです。やはり待ち時間はかなり短くて済むのではないでしょうか。

デリヘル予約に遅刻しても大丈夫?

逆に自分がデリヘルの予約に遅刻してしまうということもあるかもしれません。 自宅にすでに帰っており呼んでいる場合には遅刻はないでしょうが、予約の前に用事があり時間までに帰ることが出来なかったというパターンはあるでしょう。

デリヘルでホテルを使う場合は部屋に入ってから部屋番号を連絡するのであまり遅刻という感じではないかもしれませんが、実際には予約時間よりも遅れてしまった場合には遅刻という扱いになります。
こちらからの連絡が遅くなった場合には店から確認の電話がありますし、指名していた女の子は付けて貰えない可能性もあります。

自宅やホテルなど指定場所に予約時間にいる事が出来ない場合には早急に店に連絡を入れましょう。
ギリギリのタイミングで連絡を入れてすでにデリヘル嬢が向かっているということになると交通費やキャンセル料が取られる可能性もあります。

デリヘルで遊ぶ時は余裕のあるタイムスケジュールを

あまりきっちりとしたタイムスケジュールで考えていると遅刻などのイレギュラーなことが起こった場合の対処が難しくなります。
自宅に呼ぶのであればまだ多少は融通が利きますが、ホテルやレンタルスペースなど時間制で利用している施設の場合は少しの時間のズレが大きな出費へと繋がりかねません。

90分のコースだからと部屋を2時間で予約していたとして、デリヘル嬢が10分の遅刻をしたとします。部屋に入ってから部屋番号を連絡するので、そもそもデリヘル嬢到着までに10分〜15分程度は必要です。それに加えて10分の遅刻となると20分〜25分は待ち時間が発生してしまいます。90分のコース時間と合わせると115分になり、部屋の使用時間2時間ギリギリとなってしまいます。
プレイ後シャワーを浴びたり身だしなみを整える時間なども考えるとかなりバタバタと慌ただしくなってしまうことが予想されます。

またデリヘル遊びの後に何か予定を入れている場合も時間が押すと焦るのでスケジュールを詰め過ぎないようにするのがお勧めです。出来るならばデリヘル遊びの前に用事は済ませておくと時間にピリピリしないし、遊んだ後ものんびり余韻に浸ることが出来ますよ。

デリヘル1分間
風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト



PAGE TOP