初めてデリヘル呼んでみたサイトマップ

チップはデリヘル嬢への目に見える感謝のしるし

現代の日本では欧米ほどのチップ文化がなく、今まで一度もチップを渡したことがないという人は少なくないのでは。
昔は旅館などで給仕の仲居さんに心付けというチップを渡すこともありましたが、最近はサービス代込みと書かれ心付けは受け取りませんとしている所が増えました。

しかし今でも風俗業界ではチップを渡す文化が残っており、デリヘルでもチップを渡すことがあります。
チップはサービスへの感謝のしるしとして渡すものであり、形のないデリヘル嬢への気持ちをお金という分かりやすい形に表すものです。

イベントの時やデリヘル嬢の誕生日など特別な日などにデリヘル嬢へプレゼントをと考えているならチップを選択肢に入れてもいいのではないかと。
プレゼントは好き嫌いや可否がはっきりとあるので失敗しやすいですが、チップ(=現金)であれば失敗はなく確実に喜ばれるのでデリヘル初心者には特にお勧めです。

デリヘル嬢へのチップの相場

チップに不慣れな日本人であれば一般的にいくらくらいがチップとして適切なのか分からないかもしれません。
飲食店などでは大体が支払いの10%くらいがチップとして最適と言われていますが、デリヘルの場合であれば5,000円〜20,000円くらいの間が多いようです。 もちろんもっと渡したいと思うのであれば上限はありません。

またプレイ料金が28,000円だった場合に30,000円を渡しお釣りは取っておいてという風なチップの渡し方もあります。
わざわざ用意して渡す方が丁寧で相手に感謝の気持ちが伝わりやすいですが、わざわざ渡すのが照れ臭いという人はこの方法からチップに慣れていくのもありです。

チップに特別な見返りを求めない

チップは感謝を示すものであって、チップを渡す事によって既定のサービス以上のことを要求してはいけません。見返りを求めてしまうようであればチップを渡さない方が良いのではないでしょうか。
チップを渡したのだからもっとサービスしろというのはルール違反です。決して行わないようにしてください。

チップを渡すタイミングですが、プレイ後に渡すようにしましょう。
プレイの最初に渡してしまうとデリヘル嬢の方が何か見返りを期待されているのでは、と考えてしまうこともあります。特にチップに慣れていないデリヘル嬢だと過剰サービスを要求されるのではないかという不安感を持ってしまうことも。
不安のある状態ではプレイに集中出来ないこともありますので、プレイ後に「今日はありがとう。またよろくしくね。」と一言添えて渡してあげるのがベストです。

デリヘルでは必ずチップをあげなきゃ駄目なのか

デリヘル嬢へのチップは当たり前のものでも強制でもありません。あくまでも気持ちとして渡すものです。
チップを渡したい、渡してもいいなと思ったデリヘル嬢と出会ったら渡せばいいと思います。

もしもデリヘル嬢からチップをねだられたとしても断って大丈夫です。そもそもチップをおねだりしくるようなデリヘル嬢はいないとは思いますが。

一度渡したら毎回渡さなくてはいけないのかと心配する方もいるかもしれません。チップを渡す決まりはありませんので毎回渡さなくても大丈夫です。
ではいつ渡したらいいのかと迷う場合には特別なイベントや記念日などに渡すと決めてもいいでしょう。

デリヘル1分間
風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト